お問い合わせ

雑貨

2017 冬mino

minoは雪国の防寒具「蓑」から着想した新潟生まれのファクトリーブランド。

 

冬minoは定番の形「tate」「yoko」「tsutsu」「kote」「ashi」とお子様用のmino「kidsyoko」に加え、新作<yukinko-tate><hare-stitch nico>も人気です。

 

———————————–

<tate>

長方形のニット地の中心から縦にスリットを入れた、羽織タイプのポンチョです。一枚羽織るだけで暖かく、留め具を利用することで、その姿も変わります。
minoのシリーズでは一番大判で、全身をしっかり包むことが出来ます。前開きタイプで着こなしのアレンジ方法も多く、使い勝手に優れています。
また付属のヒモを使い、丸めて持ち運ぶことができます。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=372

 

<yoko>

正方形のニット地の中央から横方向にスリットを入れた、かぶるタイプのポンチョです。
ポンチョを90度回転させれば、ボートネックからVネックへ表情を変えます。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=373

 

<kidsyoko>

正方形のニット地の中央から横方向にスリットを入れた、かぶるタイプのポンチョyokoにキッズサイズができました。
お子様が着ても脱げにくいようにボタンをつけました。
親子おそろいで楽しめます。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=106

 

<tsutsu>

長方形のニット地を筒状にして作ったスヌードです。
単品でのご使用はもちろん、tateやyokoとの組み合わせでも、多彩なコーディネートが楽しめます。
一重巻き、二重巻きとご自由にアレンジしてお使いいただけます。
素材によって柄が違い、baby alpaca & woolはふくらみのあるタック柄、woolはシンプルなガーター柄です。
タック柄はリバーシブルになっており、表裏お好きな方でお使いいただけます。
二重巻きにねじったときもランダムな柄の見え方が楽しめます。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=121

 

<kote>

指ぬきのついた、手の甲から手首までを暖かく包むアームカバーです。
手首の冷えをやわらげるために、ホッカイロをの入るポケットを付けました。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=99

 

<ashi>

冷えやすい足首をしっかり暖めるレッグウォーマーです。
ケーブル柄を入れ、ふんわりと編みました。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=123

 

<yukinko-tate>

長方形のニット地の中心から縦にスリットを入れた、羽織りタイプのポンチョです。雪国に伝わる民話では、雪ん子は雪が降ると現れるという子供の姿をした雪の精、または妖怪です。

雪ん子が頭まですっぽりと蓑をかぶった様子をイメージして、ツノが立つフードを付けました。フードは取り外しが可能です。大粒のカラーネップが入った太い糸を使いました。

https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=365

 

<hare-stitch nico>

長方形のニット地の両端に2個スリットの入った羽織タイプのポンチョです。

重い荷物を運ぶ時に背中を守るために身につける「背中あて」。実用性が求められる中に、赤を中心にカラフルな色が編み込まれているものがあります。晴れの日、または遊び心を編み込んだ民具のデザインをステッチ柄として表現しました。

 https://mino-knit.com/products/detail.php?product_id=370

 

1

 

2

 

3

 

4

 

 

———————————–

mino

http://mino-knit.com